KOLG INC.

株式会社コルク

PRODUCTS

NEW
KOLC+(コルクプラス)
2020年11月にリリースした「BIM/CIM共有クラウド」です。BIM/CIMデータ(3DCAD/点群データ/地形/航空写真/3D都市モデル)をクラウド上で簡単に統合・共有できます。国土交通省の直轄工事および業務での情報共有システムとしてもご利用頂けます。
KOLG(コルク)
2012年にリリースした建設業向けの情報共有クラウドです。新規のお申込みは「KOLC+」にて承っております。

会社概要

社名 株式会社コルク
英文社名 KOLG, INC.
本店所在地 171-0021
東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14階
設立 2012年9月
資本金 700万円
事業内容 建設業向けBIM/CIM共有クラウド「KOLC+」の企画、開発、運営、提供
代表取締役 堤 正雄
熊本大学大学院修了(土木工学専攻)。株式会社パスコ、株式会社リクルートコミュニケーションズを経て現職。 パスコでは製品開発部にてWEBマップエンジンの開発などに従事。リクルートでは新規事業開発部署「リクルートメディアテクノロジーラボ(MTL)」にてモバイルサービスの開発や、WEBマーケティングプラットフォームの開発リーダーなどを担当。
CIM顧問 小林一郎 特任教授(熊本大学大学院・先端科学研究部)
取引銀行 三菱UFJ銀行
PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
主要取引先 一般財団法人 日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
オートデスク株式会社
オフィスケイワン株式会社
株式会社 建設技術研究所
株式会社 富士ピー・エス
国土交通省
国立研究開発法人 土木研究所
東急建設株式会社
一部記載(敬称略/五十音順)
認証取得 ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)
ISO27001の認証取得(ISMS)

Autodesk Authorized Developer

CIM顧問

小林一郎
熊本大学大学院・先端科学研究部・特任教授

国土交通省BIM/CIM導入委員会(委員)/ 国土交通省九州地方整備局・CIM導入検討委員会(委員長)/ 国土交通省 i-Constructionモデル事務所・アドバイザー(大河津分水路改修事業および立野ダム本体建設事業)/ CIM活用関連の受賞歴では、土木学会デザイン賞 最優秀賞(山国川床上浸水対策特別緊急事業・2020年)、土木学会建設マネジメント・グッドプラクティス賞(小林研究室・2017年)、グッドデザイン賞(曽木の滝分水路・2012年)がある。CIM関連著書は、『CIMを学ぶ』三次元CADを活用した地形設計(曽木分水路)、『CIMを学ぶⅡ』合意形成とその実践(新水前寺交通結節点改善事業)、『CIMを学ぶⅢ』モデル空間の活用(河川およびダム)がある。


アクセス

東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14階

JR「池袋駅」メトロポリタン口から徒歩1分
東京メトロ有楽町線「池袋駅」から徒歩1分
東京メトロ丸の内線「池袋駅」から徒歩2分
東京メトロ副都心線「池袋駅」から徒歩3分

池袋駅とLUMINEに直結したオフィスビルです。地上1階と2階にエントランスがございます。

Googleマップ ≫

メトロポリタンプラザビル
KOLG オフィス

お問い合わせ